夏休みの計画を考える

夏休みの計画を考えてみると、いろいろやりたいことは出てきます。

まず総復習はしたい。特に理科や社会はもう忘れてしまっているところも多いだろうから、早めに手をつけたい。知識の暗記もやらないと、理科や社会の過去問が始まらない。算数と国語の過去問もやらなければいけないし、国語の記述の練習もあるし・・・。

そう、全体としてはやらなければいけないことは目白押しなのです。

夏休みといえども、時間はかなり限られます。夏期講習は近年非常に拘束時間が長くなりましたが、その分、家で勉強する時間が減ったにもかかわらず、宿題や復習に時間をとられて、自分のやりたい勉強がままならない。

塾のテキストの問題もどこかの過去問なのだろうが、それならば、自分の受けたい学校の過去問をやれた方が良いじゃないか、という考えも当然あります。

なので、まずは何を目標にして、そのために何をやるのか、ということを絞り込んでいく必要があります。

その意味では、秋にがんばることと、夏休みにがんばることを最初から分けて考えるべきです。確かに理科社会の知識は必要だけれど、その前にやはり算数がしっかりしていないといけないわけだから、算数の復習は夏の課題にしないといけない。一方社会の知識の暗記は、それをやることで摸擬試験の成績も上がってくるだろうから、秋にがんばることにする、など課題を切り分けることです。

ただ講習に行っていれば良いのだろう、と考えてはいけません。講習は「全員が同じことをやる」のですから、その子の課題が解決するとは限らない。やはり個の勉強をどう組み立てるかを考えておかないと、課題は山積して解決しないということになるので、早めに夏休みの計画を考えてください。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
ウチはうち


6年生の教室から
すべての学校の学校別特訓を用意する


算数オンライン塾
5月9日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク