知識が増えれば点数は伸びるが

知識を憶えれば点数は伸びます。

社会はやはり知識がないと点数が取れないし、漢字も知らなければ書けない。

だから知識を憶えることは大事な勉強です。で、だからこそ、それは合否の決め手にしていかないといけない。最後、どんどん知識が増えて社会や理科の点数が伸びてくれば、算数と国語で多少上手くいかなかったとしても、その失点をカバーしてくれるようになるのです。

しかし、組み分け試験でそれを使ってしまうと、入試のときにその手が使えなくなる。なぜなら、もう一杯一杯になってしまうからです。だから、今は知識の力に頼ってはいけない。

今は算数とか国語など、実際に考えることで点数が取れるように仕向けていかないといけないのです。実際に組み分けで上位にいる子どもたちは、それほど知識で点数を取っているわけではない。むしろ組み分けだからといってそれほど大騒ぎをして勉強しているわけでもない。

ただ、算数と国語でそこそこ点数がとれるから、上位にいるのです。で、そういう子が最後知識をみっちりつけてくれば、合格は盤石になる。

だから、こそ今は知識の力に頼らない道筋を考えていかないといけないのです。

極端な話かもしれませんが、今は勉強時間の半分は算数で良い、と思います。そのくらいしっかり力をつけていけば、やがて成績を支えてくれるようになるから、秋になって知識の力をつけて、一気に合格ラインを突破する流れにしていけるのです。

【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
ごまかす子


6年生の教室から
志望校を決める決め手とは


算数オンライン塾
4月29日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク