全部の学校に対応はできない?

Pocket
LINEで送る

このゴールデンウィーク中、学校別の対策をする塾があります。

で、聞いてみるとやはり集合塾はそれなりに分類するしかない。学校の冠をつければつけるほど、自分の首を絞めるところがあるので、できればゆるやかに、と考えたいのだが、実際に出題傾向が違う学校を一緒にすると学校別にする意味がない、という部分もあるのです。

このことは夏の特訓でも同じだし、入試対策の授業をする時期も同じなのです。

だから、第一志望の対策をどうやるか、ということをもう少し考えた方が良いと思うのです。今回のシリーズでない学校は、多分、その塾で対策が行われることは少ないでしょう。

それで最近個別で対策をする方が増えているのです。実際に過去問ももう販売されているし、少しずつ学校別の対策を進めていきたいと思う場合、塾の授業を離れて違うスタイルの勉強を始めてもいいでしょう。

個別であれば、すべての学校に対応することはできるのです。すべての学校別特訓をしたい、というのがフリーダムを始める時のひとつの目標でしたが、それが実現したので、ゴールデンウィーク特訓で試してみてください。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
6年生学校別算数 ゴールデンウィーク特訓のお知らせ

【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
出題傾向が大きく変わらない理由


5年生の教室から
小数・分数の計算


慶應進学館から

10連休の使い方


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク