やらされすぎ?

まだ自分でしっかり勉強ができていない子がいる一方で、本当によく頑張っている、という子もいます。

成績もそれほど悪くはないし、このまま順調に進むのではないかと思われていたのですが、新たに6年生になってから課題や通塾日が増えて、どんどん追い詰められてきた。

課題が終わらないし、今まで通り問題が解けない。

それでつい遅くまでやっているうちに、疲れがたまってきて、自信もなくなってきた、という場合があります。

これは明らかにやらされすぎ。

これまでうまくいっていたのだから、そのままのペースで進めばいいものを、「6年生だから」「受験学年だから」というので通塾日も課題も増やされて、習い事はできないは、ストレスはたまるは、ろくなことがない部分があるのです。

そういう場合は、本当にやり方を考えた方が良いでしょう。

もっとやることを絞り込んだ方がよほど成績は上がりやすいし、元々小学生はそれほど体力があるわけではないので、そんな生活を長く続けることはできません。

塾のいうことを本当に鵜呑みにしてはいけないところがある、と思うのです。本来は自分のペースでできることをしっかりやりきれば良いだけの話です。

煽られすぎないように気をつけてください。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
春期講習のお知らせ


【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
春休みは思い思いの課題を


5年生の教室から
この1月、何冊本を読みましたか?


算数オンライン塾
3月22日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク