第236回 ウチの子に合うか?

Pocket
LINEで送る

■ 学校の選び方はいろいろですが、なるべくならお父さん、お母さんが「ウチの子に合うか?」という視点で考えてあげると良いと思うのです。

■ 大学の合格実績とか、英語指導の方法とか、まあ、選ぶ視点はいろいろあるわけですが、入学後子どもたちがその学校に馴染むということが一番大切です。入学後最低6年間は通うわけだし、その6年間は性格形成期の非常に大事な時期だから、本人にとって「つらい日々」になってはいけないのです。

■ そういう意味では、お父さん、お母さんのカンは非常に大事です。「この学校はウチの子に合う」という感覚があれば、大きな失敗はない。ところが、その視点を外して、「もっと鍛えてもらおう」みたいな感覚で見てしまうと、子どもたちにとっては学校が楽しい場所ではなくなります。

■ 楽しい場所でなくなるということは、そこで経験することがどんどんいやになってくる。いやになると、気持ちが当然前向きにはならないから、いろいろ成長すべき時期に成長しなくなるから問題が多くなります。

■ なので、「私もこういう学校に行きたかった」というような感覚で選ぶと間違いはない。子どもが6年間通うのだ、ということをしっかり認識してください。

============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

バランスの良いゴールデンウィークを
=============================================================
中学受験 算数オンライン塾

4月20日の問題
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: なおなおパパママ講座 パーマリンク