合格点に届くかもしれない

新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内

この時期、合格点に届くかもしれない、と思うほど、得点力が上がってくる子がいます。

その理由は

1 あきらめず、逃げずに勉強する

できない、ということを簡単に受けいれてしまって、そこから努力しなければ改善はしません。嫌いだ、というだけで勉強しないのも同じ。理科が嫌いだから、は理科ができないから嫌いなだけで、できるようになれば理科は面白くなる。それは理科に限らず、どの教科でも同じ。だから逃げずに勉強する子は力がつき、相変わらず逃げてやらない子はできるようにはならない、のです。できない、という事実はしんどいが、それを変えるのも自分だと気が付いている子は、最後の最後まで努力を惜しまない。これはスポーツや習い事で上達した経験を持っている子にはわかります。

2 よく考える

なぜ、そうなるのか、どうして答えがこうなるのか、真剣に考えている子は、問題数がそう多くはなくとも力はつく。さらに問題数が無理のない範囲で増えればそれだけ頭が活性化する。要は当日、出された問題に対してしっかりと考えることができれば良いだけなのです。だから、普段からよく考えてごまかさない子は、入試当日も同じようにできる。普段からわからないことをごまかしている子は、当日も適当にやるしかなくなる、のです。今はできなくてもいいから、とにかくわかりたい、できるようになりたいと思って真剣に考える子が、伸びるし、合格点に届くかもしれないのです。

の2つ。

最後の2週間でもまだ違いがでます。ここが踏ん張りどころと思って、真剣に対策に取り組んでください。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
【無料】春の合格手帳、差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
つめが甘い子


6年生の教室から
練習は不可能を可能にする


慶應進学館から
5年生から慶應を狙う





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク