第353回 絶対私立?

New
フリーダム進学教室 2019 入会案内

■ 中学受験をするとき、絶対私立に行かせようとするのか、それとも公立の進学も視野に入っているのかは、ご家庭が決めないといけないことのひとつです。

■ 塾は合格実績のこともあるので、割と安全校を薦めるところがあります。全部落とす、ということはしたくない。やはり1校は決めないと・・・。確かに心理的にはその作戦は意味があります。

■ 入試期間は近年、非常に短くなる傾向にあり、ひとつ合格が出ると精神的には楽になる。

■ しかし、そこが本人の行きたい学校ではない、ということになれば、やはりプレッシャーはかかり続けることになります。

■ 本当は行っても良いと思える学校をひとつ、間に入れて、最終的な進学先は試験が終わってからもう一度検討すれば良い部分はあるのです。別に受験をした後、やはり公立に進んでもう一度高校受験で挑戦しよう、と決めてもいいし、合格した学校に行ってもいい。

■ その辺はひとつすこしゆっくり考えてみてもいいでしょう。試験期間中、親も子も、絶対私立、というプレッシャーにかかりずぎないようにしてください。


自分で勉強できる中学受験ネット塾
フリーダム進学教室
現在無料体験実施中です。
詳しくはこちらから


New動画教材「これでわかる水溶液」 販売再開のお知らせ(邦学館出版)


Newフリーダム進学教室12月「入室説明会」のお知らせ


Newフリーダム進学教室 冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
集合授業から個別指導へ先生がシフトする理由


6年生の教室から
簡単に捨てない


慶應進学館から
できない問題をつぶす作業を徹底する



全国どこでも、自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: なおなお母親講座 パーマリンク