自分で考える楽しさを実感する

フリーダムのシステムは、自分で考える、自分で勉強する、ということに重きを置いています。

だから、子どもたちが自分で考える楽しさ、面白さを実感している。だから、なかなか聞いてくれない。

「そろそろヒントをあげようか?」と聞いてみても、「いえ、大丈夫です。」と考えている。

「答え合わせする?」と促しても、「あと1分待ってください」という返事が返ってくることが多い。

確かに多少なりとも時間がかかることは事実なのですが、どんどん教えられるよりはよほど理解が進んでいることが多いのです。自分で解き上げれば考える道筋が見えてくるから、そうたくさん問題を解かずとも力はついてくるものです。

WEB学習システムは子どもたちに自分で考える楽しさを実感させてくれているようです。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第6回 田園調布学園


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
模擬試験の落とし穴


6年生の教室から
得点力をつける


慶應進学特別から
帰国枠は競争率が上がる


自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク