考える問題をまず先に

=============================================================
フリーダム進学教室 夏期講習のお知らせ
=============================================================

テストの問題を大きく分けてみると、「知識の問題」と「考える問題」に分かれます。

もちろん、知識を知らないと考えられない、という問題もあるわけですが、往々にしてテストの点数を上げる方法としては「知識を増やす」ことが早道でしょう。

例えば組み分けテストで社会の知識を覚えれば、社会の点数は取れる。一方で漢字は覚えて漢字のテストは満点がとれても、文章読解の問題はそうはいかない。

ということは、時間をかけて点数が上がりやすいものを考えると知識になるのです。

しかし、その知識は、やはり忘れてしまうものでもあります。

それよりも、自分で考えることで答えがしっかり出せるように訓練を積んでいく方が、今のところの勉強としては大事なのです。これは直前に詰め込めない。

特に夏休みまでは、算数、理科の計算問題、国語の読解問題を中心に勉強してください。知識を覚えることに魅力を感じるかもしれないが、後半知識を覚えて成績が上がってくる方が、本人としても気持ちがいい。

逆に考える問題を伸ばすのには多少なりともじっくり時間をかけないといけないところはあるので、現状はそちらを優先した方が良いでしょう。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第3回 桐光学園


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
家庭のフォローは間違いなく必要


5年生の教室から
学習管理者としての役割


慶應進学特別から
まずは基本問題をしっかり練習する


自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク