2教科・4教科併用型

最近はあまり多くはなくなりましたが、それでも2教科・4教科併用型という受験形式があります。

で、この場合、もう大変だから2教科にしてしまおうか、という場合があるかもしれません。

それはそれで家庭の選択ではあるのですが、結局4教科で勉強していても2教科で合格している場合が多いのです。

2教科と4教科で定員を分けない場合は、まず全員を2教科の得点で並べ替えます。
現在は、パソコンで一瞬で終わります。

そこで2教科の合計得点の高い順に合格者をまずある数決めます。

次に今度は4教科受験者だけをもう一度4教科合計で並べ替えます。

このときすでに2教科で合格したものはのぞいてしまいます。そして残りの定員枠を4教科で合格させます。

ということは4教科の場合は2回合否判定が行われるということなのです。

だったら、あわてて2教科にする必要はないでしょう。2教科中心に勉強をしつつ4教科も残しておいた方が良いと思います。


2018フリーダム進学教室入会案内


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
WEB出願


5年生の教室から
集団授業と個別指導


中学受験 算数オンライン塾
11月29日の問題





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク