子どもは暑がり

塾は冬でも、室内が着くなりやすい。子どもたちの熱が大きいから、あまり暖房をかけなくても良いことが多い。逆に冷房をかけて、と言われることがあるぐらいですが・・・。

先日、やってきた子どもが半袖、半ズボンだった。そういえば、真冬でも短パン、Tシャツ一枚という健康法を実践している子が昔はいましたが、最近はあまり見かけなくなりました。で、暑がりだから、そういう格好をしがちなのですが、今は寒暖の差が激しい。ちょっと暑い、と思っても夕方を過ぎればすぐに寒くなる。

なので、そこで汗をかいたままにしていると、風邪をひきやすくなるのです。子どもたちが風邪を引きやすいのはやはりその対応が苦手であるから。

何でも着ていれば良い、ということではないが、上手に対応していくことが必要です。うまく重ね着をして、気温に合わせる工夫をしてください。

特にここのところ寒暖の差が激しいので、気をつけた方が良いでしょう。


冬期講習のお知らせ
新5年生、冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
目が悪くなっていないか


5年生の教室から
まずは基本をていねいに


今日の慶應義塾進学情報
スケッチの練習




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク