口うるさい親が失敗する理由

なかなか本気にならない受験生は多いものです。

やると決めたことをなかなかやらないし、ちょっと目を離しているとすぐ寝ていたり、遊んでいたりする。というので、口うるさく注意していく方がいらっしゃるかとは思うのですが、大抵の場合はうまくいかない。

なぜか。

子どもたちが、その口うるささに辟易して、ごまかしを始めてしまうからです。まだうるせえなあ、と言っているうちはましなのですが、それも面倒になると、やっているふりをする。

なに、どうせノートを見るぐらいだろう、あるいはプリントを見るぐらいだろうから、というので、友だちが書いた答えを写したり、授業のノートをきれいにとったりする。

しかし、だからといって考えているわけではない。そういう子はもうできるようになる、とか合格するということはあまり考えず、親の口うるささから逃れる手だけを考えていくようになるのです。

あまりそれがひどくなると、もうどうにもならなくなるから、やはり口うるさいのはやめた方が良いでしょう。ちゃんと注意するときは注意してもいいが、そうしょっちゅうバトルをしてても、うまくいきません。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
不便な子の方が勉強する真理


5年生の教室から
習いごとやスポーツのメリット


今日の慶應義塾進学情報
総合的な判断





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク