記述問題対策

大学入試改革にともなって、中学入試でもやはり記述問題は増加する、と考えて良いでしょう。

これまであまり記述に関心がなかった学校も、受験校であればやはり出題を考えざるをえない。だから、これから記述対策は必須になってくると思うのです。

で、記述問題は国語、と思いがちですが、今は理科社会で記述する問題が多い。

資料を読ませて、その内容を吟味したり、自分の意見を書かせたりする。

そういう問題はこれから増えていくでしょう。過去にそういう問題を出題していた学校はその対策をしっかりしなければなりませんし、今まで出していなかった学校もちょっと気をつけた方が良いかもしれないと思います。

記述問題はやり慣れる必要があります。記述は書かないと上手にはならないので、とにかく書く。

ところが特に男の子は面倒に思い空欄にすることが多いのです。この流れは変えないといけません。まず内容がどうであれ、答えを書く練習から始めてください。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
終わらせる、から脱する


5年生の教室から
学校見学


今日の慶應義塾進学情報
急がせない





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク