第225回 縁が見つかる子

■ いろいろ調べて受験校を絞り、第一志望、第二志望と決めて入試を受けていくわけですが、最終的に行く学校はひとつです。実はその縁が子どもたちの成長にとってとても大事だと思うのです。

■ 行く学校が自分の第一志望だと好いのでしょうが、そうではない場合もたくさんある。不本意ながら、という気持ちで学校に通い始めた子もいるかもしれません。しかし、時間が経つにつれて、入試のことはどんどん昔の記憶になり、現在や未来のことが自分の生活の中で大きくなってくると、「この学校に入って良かったなあ」と思うことがたくさん出てくるものです。

■ そういう気持ちが強くなってくれば来るほど、日々の生活は充実してくるし、今度は~に挑戦してみよう、とか、~ことをやってみようというように気持ちが前向きになってくるのです。

■ これが学校との縁。だから、入学した後はそういう縁を探していくと良いのです。

■ そういう意味では第一志望に入ってもそういう縁が見いだせない、という子もいるかもしれません。縁が見つかる子、というのはやはりついているのです。
============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

同じ指導法でも
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

図形の移動に関する問題
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: なおなお母親講座 パーマリンク