しっぺ返し

これから過去問をやっていくと、解説を読んで学ぶということが多くなります。これまでは先生に教えてもらう、というスタイルで子どもたちは勉強を進めてきたわけですが、これからは自分で読んで理解する、ということが圧倒的に多くなってきます。

 ということは文章を読む力がついているかどうかで、勉強の効率が大きく違ってくる、ということなのです。これまで国語はやってもそれほど点数が変わらないから、というので、おざなりにやっていると、こういうところでしっぺ返しがやってくる。

だから、もう覚悟を決めて読んでいく、そして読んで理解するということを中心に据えていきましょう。

実際に入試問題もまた文章で出されるわけで、それが理解できなければもとより問題が解けないのです。だから国語は小さいときからこつこつ積み上げる必要がある。

特に4,5年生の時にしっかり時間をかけておいた方が良いでしょう。

============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

志望校を決めた方が成績は上がる
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

ミスの形
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2017年受験に向けて パーマリンク