制服のない学校の良さ

Pocket
LINEで送る

例えば制服がなく、服装も髪型も自由、という学校があります。

高校生ぐらいになると、まあ、それなりに本人の好みが出てくるから、小学生のお母さんたちからすると「ギョ」っとする格好をしている子もそういう学校は多いでしょう。

ただ、じゃあ、制服にすればいいかというとそうでもない。制服は制服で崩す。崩すから、生活指導で直す、といういたちごっこが始まる。最終的にそれで学校がいやになる子も中にはいます。また、先生との妙な軋轢が生まれるから、それならば制服はやめてしまった方が良い、という議論もあるか、私服にすると、どこの学校の子かわからないので、制服をやめる学校はまだまだ少ないでしょう。

ただ制服がない、というのはまったくそこから自由に発想することができる。それにこだわる子はいろいろファッションを考えるかもしれないが、まったく無頓着な子も案外多いのです。その代わりその自由の延長線上で自由に発想することができる。

こういうことをやったら面白いのではないか。なぜこういうことが起きるのか、もしかするとこうかもしれない。みたいに千差万別、いろいろな発想が出てくる。

そこからまたアイデアや自分の未来に対する考えが生まれるかもしれない。発想を柔軟にするという点では、制服がない、というのも案外大事な要素だと思います。

============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

答え合わせのやり方
=============================================================
中学受験 算数オンライン塾

4月28日の問題
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2017年受験に向けて パーマリンク