バランス

小学生を見ていると、やはりバランスが悪いことが多いものです。

勉強をしていて、結構すごいことまでわかるなあ、と思う一方で、そうやって解いていたはずなのに、疲れてしまって「気持ち悪い」というのが始まってみたり。

つまり、成長途中なので、ある程度できるようになっている一方で、まだまだというところがある。

で、お母さんは、どちらかというとまだまだというところを見て安心するところがあって、つまり、そこが「手をかける余地」と思いやすい。

私がいなきゃ、みたいなところが出てしまうのは、これは仕方がないことではあるし、それももうあと少しの期間しかないのだから・・・と思うところもあるでしょう。

しかし、ここはやはりそういう思いを断ち切って、本人に任せるというか、本人ががんばるように仕向けなければなりません。

手を出せば、自分でやらなくていいわけだから、自分でやる力はつかなくなるのだ、ということを覚えておいてください。

もちろん小学生だから、手助けはまだまだ必要です。

しかし、それをぐっとこらえる、というようなところはあっていい。そこが親としてのバランスのとり方だと思います。

==========================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

旅行シーズン
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

長文の読解の練習
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


カテゴリー: 2016年受験に向けて パーマリンク