どちらかが受験から引くのも大事

昔はお父さんが中学受験に出てくることはまずありませんでした。

もともと「小学生は遊ぶのが仕事だ」と言ってお母さんの顰蹙を買う、というのが多かったのですが、最近はどこの学校の説明会に行っても、模擬試験の会場に行っても結構、お父さんの姿を見ます。

お母さんの負担が減る、という意味でこれは歓迎すべきことがらである一方、両親とも子どもの受検に身が入りすぎになる、という欠点があります。

子どもの成長は短期的なものと長期的なものがあるので、どちらかが長期的なことを考えているのが本当はいい。これが以前はお父さんの役割であって「あとで取り返せばいいじゃあないか」と子どもたちを励ましていたものです。

今は両親とも気合が入ってしまうところがあり、そうなると子どもたちの逃げ場がなくなる、ということはあるので、どちらかが多少中学受験から距離を置く、というのも子育てのバランスでは重要なことのように思います。

=============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

まあまあ
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

中等部の一次合格点
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ

にほんブログ村


カテゴリー: 2015年受験に向けて パーマリンク