記述は書きなれるうちに、書けるようになる

国語の記述問題しか出さない学校の学校別対策を担当していた時分、最初はまったく書けない、という子が良くいました。

もうそれしか出ないとわかっているから授業はそれしかやらない。だから、毎回、そこそこの文章を書かないといけないが、提出される答案はほぼ白紙。

あるいは書いてあっても1行あるかないか、という状態。

で、こういう子どもたちはとにかく書けば○、というやり方をしていました。例えば50字なら50字越えたら○、と決めてしまう。

ひどいときは、本文を丸写しにしていました。それでも○にしていた。そうするうちに書くということに苦痛を感じなくなって来ればしめたものなのです。

実際に書きなれるようになるまでに2カ月もかからなかったように思います。で、書けるようになってしまえば、後はその書いた内容を修正すればいいので、まずは書き慣れるようにすることが大事。

書かないのを許してはいけませんが、とにかく書いたら○にしてしまう。そうすると、まあほとんどの子が書けるようになるものです。

こと記述に関して、書けないということはまずありえない、と思っていいでしょう。要は慣れです。

==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

寝る時間を決める
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

生物に関心がないのは当たり前
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村


カテゴリー: 学校別対策の要諦 パーマリンク