受験が怖い子

Pocket
LINEで送る

東京・神奈川の入試まで4カ月あまりになりました。

そろそろ本気になり始めた子も増えたと思うのですが、成績が振るわないといろいろ理由をつけて勉強しない、という子も出てきます。

これは結果が怖い子。

落ちるということが非常に悲惨な結果であると思ってしまい、そこから逃げたいと考えている子が出てくるのです。

特に近年受験勉強が長くなり、その間にいろいろなことがあって、すでに心が折れているという場合もあるでしょう。

受験は確かに結果が出るものではあるが、別にその子の価値を決めるわけでもない。

次の6年間、あるいは10年間、どこで勉強するかを決めるだけであって、それにはいろいろな選択がある。

最終的にここ、と決まればそれでみんなが応援すればよいことであって、その決定にあまりこだわっていると、子どもの気持ちが「恐怖」に包まれてしまうので、そこをしっかり教えてあげましょう。

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事
問題文を読み切れない理由


フリーダムオンライン-広報から-
冬期講習のお知らせ


中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」
2年間で準備ができる理由




【(株)邦学館からのお知らせ 】
WEBワークスを塾・個別指導でご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内



読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村






Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク