子どもの考えを良く聞く

Pocket
LINEで送る

勉強の仕方にしても、志望校にしても、これからいろいろ決めないといけないわけですが、ついこれまでの習慣で親が決めてしまっていることが多かったりする。

しかし、子どもの受験ですから、やはり子どもの意思がしっかりしていないといけない。

例えば入学試験の面接で、「どうしてこの学校を選びました?」と聞かれて「親に勧められたから」は、まあ、もう一歩でしょうか。

子どもたちは子どもたちなりの考えがあるし、まずはそれを引き出してみることが大事です。

勉強しない、あるいは、受験勉強に身が入らない、というのもいろいろ原因があって、よく話を聞いてみると「なるほど」と合点がいくことも多いのです。

時間はかかるが結局、本人との意思疎通をしっかりしていくことが一番効率良く進むことではあるので、しっかり子どもの考えを聞いてあげてください。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
過去問に呑まれる子


中学受験 算数オンライン塾
8月31日の問題






【塾でのご利用について】
塾でWEBワークスをご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内



読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク