早めに志望校対策へ

Pocket
LINEで送る

塾で組み分けテストや月例テストがあると、どうしてもそちらの対策に力が入ってしまいますね。

が、これらの成績を志望校の合否判定に持ち込むことはできません。

当日の試験の結果しか、ないわけだから、やはり志望校対策に向かっていった方が本当は良いのです。

志望校が決まり、成績がだんだん絞れてくるとさらに併願校が決まってくる。

そうなると、今度はその併願校対策も始まってくるので、やはり志望順位の高い学校の対策は早めに始めた方が無難なのです。

例えば国語は、結局読解問題をやるのであれば、過去問をやっても何ら問題がないわけで、それをとっておく必要はない。

出題形式や出題傾向をしっかりとらえて、何ができるようにならないといけないのかをつかむことがやはり合格には必要です。

過去問を11月から始める塾もあるそうですが、それではやはり遅すぎる。

そろそろ目を志望校対策に向けていきましょう。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
勉強はしないが塾はやめないという子


算数オンライン塾
5月11日の問題


フリーダムオンライン-お知らせ-
夏期講習のお知らせ






【塾でのご利用について】
フリーダムオンライン WEBワークス OEMのご案内

読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク