習い事に手を出すな?

Pocket
LINEで送る

中学受験の低年齢化に伴い、小さいころから始めるサッカー、バレー、ピアノ、その他の習い事をやる子どもたちが減少している、という話を聞きました。

ピアノの発表会に行くと、小さい子どもたちは結構たくさんいたはずだったのですが、最近はどうもそうではないらしい。

コロナの影響は少なからずあるとは思うのですが、聞くところによると、ホントかどうかはわかりませんが、習い事には手を出さない方が良い、と言われているのだとか。

中学受験の塾に行き始めたら、結局習い事は中途半端になるんだから、最初からやらせない方が良いということなのですが、しかし、これはあまり感心しない。

子どもたちにはいろいろな能力があり、それを生かしていくことで全体に成長していく。

音楽ができたり、スポーツができたりすることが、子どもたちの成長のバランスには必要なのです。

別にプロになるわけではないかもしれないが、音楽にしろ、スポーツにしろ子どもたちの素養として育てるのは大事なこと。

水泳だけはそれなりに生徒が集まっているようですが、まあ、これもこの先どうなるか、ということのようなのですが…。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
オンライン個別指導があるじゃないか


算数オンライン塾
5月1日の問題






【塾でのご利用について】
フリーダムオンライン WEBワークス OEMのご案内

読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク