第527回 やってないでしょ!と言われると…

Pocket
LINEで送る

■ 子どもたちの反応はやっていなくても「やってる」になることが多いのです。

■ 素直に「はい、やっていません」とは、まず言わない。ちょっとした変化球としては「今やろうと思ったのに…」とか、「ご飯食べてからやることになってる」とか。

■ まあ、いずれにしても、そういう反応をするようにできている、と思ってください。

■ でも、その反応に対して「キレる」お父さん、お母さんが多いのです。だから、さらにそこから30分くらいバトルになる。勉強する時間は無くなり、どうしてこうなったのか、と悩んだり…。

■ 結果として「やる」ということが引き出せればよいのだから、例えば「いつやるの?」と聞いてみる、というのも一つの手でしょうか。

■ それも言い方を考えないといけない。言い方に怒気が含まれてると「やってないでしょ!」と言うのと同じになります。

■ どうやったら「やる」を引き出せるか、ここを工夫してみることが必要です。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事
塾が学校別にこだわりたくない理由


フリーダムオンライン-広報から-
学校別対策ゼミ




【塾でのご利用について】
フリーダムオンライン WEBワークスOEMのご案内





読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: なおなおパパママ講座 パーマリンク