過去問と模擬試験の成績の違い

Pocket
LINEで送る

過去問をやっていて、模擬試験の成績と違いが出てくる場合があるでしょう。

過去問はとれているが、模擬試験の成績が悪い、これはあまり心配はありません。

なぜなら模擬試験は過去問のような志望校の傾向を反映していないからです。模擬試験は学校別を除いて、1種類の試験ですべての学校の合否を判定しますから、すべての要素を網羅した試験を用意し、統計的に合否を判定します。

一方過去問はその学校の出題傾向を色濃く反映しているので、当然のことながら模擬試験の問題と違う。ですから過去問がある程度できている、というのであれば問題はありません。

しかし、その逆はちょっと心配。

つまり模擬試験では点数がとれても、過去問では点数がとれない。

これは本番で点数がとれない可能性がある。だから、過去問の練習をしっかりすべきです。

本人ができる問題であったとしても、志望校の出題になければ意味はないのです。

逆に志望校で出る問題ができなければ合格はしない。

だから、しっかり過去問の練習を積み重ねていきましょう。


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
Twitter


New
合格手帳の9-11月号ができました。秋に向けてしっかり計画を立てていきましょう。
2021 合格手帳 5年生用9-11月号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用9-11月号のお知らせ


New
慶應進学オンライン 2022年度慶應出願対策について


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
間違えない子


算数オンライン塾
9月27日の問題



【塾でのご利用について】
フリーダムオンライン WEBワークス OEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2021年受験に向けて パーマリンク