「やっている」の水準をかみ合わせる

Pocket
LINEで送る

中学受験は、お母さんの受験でも、お父さんの受験でもない。お子さんの受験なのです。

親が一生懸命いろいろがんばっているのに。お金もかかるし。なのに、子どもはどこふく風。つい、いやみのひとつも言いたくなる、いや、その気持ち、よくわかります。
しかしながら・・・

子どもたちの常識はそんなもんなんですね。本人としたら、「遊びたいのも」我慢して、「ゲームも」しまって、勉強しているじゃないか、

という感じではないでしょうか。

だからお互い、「やっていない」「やっている」の水準が違うんです。ここを正さないとお互いのコミュニケーションがかみ合わない。

で、中学受験ですから当然志望校に合格することが目的です。だから志望校の入試問題ができないといけない。そのために、どういう勉強をしないといけないのか、お互いにそこをあわせていかないといけない。

一方、「うちの子、よくやっていると思うのです。」といわれるお母さんがいます。まあ、確かにその通りかもしれないが、そうではないかもしれない。

本人がやっている勉強が、確かに合格に導くものでなければいけないからです。

ただ何時間も勉強している、とか、何冊の問題集をやったから、で定量的に計るのは危険です。あくまで結果が出る方法でないといけない。

成績が悪いから叱るというのも、だからおかしい。

成績が上がっていないとすれば、複数の問題点があるからで、それは本人が気が付いていない問題であるかもしれないからです。

だから、冷静に状況を把握していかないといけない。子どもたちだけでその把握は無理なので、先生とも相談しながら的確な勉強方法を進めて、お互い「よくやっている」という認識になるようにしてください。


New!!フリーダムオンラインからのお知らせ

夏期講習のお知らせ


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
田中貴のTwitter


New
2021 合格手帳 5年生用夏休み特集号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用夏休み特集号のお知らせ



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
算数が得意だと思い込む子



【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク