持ち偏差値

Pocket
LINEで送る

入試の結果を見ていると
「あー、やっぱり偏差値通りだった」
と思うことがあるかもしれません。

長いこと模擬試験を受けてきて、だいたいいつも偏差値が変わらない場合、その子の持ち偏差値は~、というようなことをいう場合があります。

で、結果として、その偏差値より上の学校には合格せず、その下の学校に合格して、「なるほど」と納得したりしている。

しかし、その数字を打ち破っている子もたくさんいるのです。だから、入試の時にどうだったか、というだけの話。日々成長している子どもたちが、ずっと同じ偏差値でいるわけがありません。

ただ、入試でどうだったか、というだけのことです。

だから偏差値を無視して良い?

いえいえ、やはり確実に合格するための学校選びにはちゃんと利用した方が良いでしょう。

「ここなら入る」というラインをしっかり見据えて、安全校を確保することができていれば、あとは大いに挑戦してもらいたい思います。

たまに、上ばっかり狙っている、というケースもありますが、しかしそれもわかっていれば別に問題はない。

入れたい学校だけ受けるというスタイルだって、家庭の考えがそうであれば、それはそれで良いのです。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2021年フリーダム進学教室 新年度募集

2021年フリーダム進学教室 春期講習案内



2020-2021 合格手帳 4・5年生用12ー1月号のお知らせ

2020-2021 合格手帳 6年生用12ー1月号のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
そんなの間違えない、と思いがちだが


6年生の教室から
問題文を正確に捉えているか?


慶應進学館から
体育実技


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内





「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)

【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2021年受験に向けて パーマリンク