模擬試験で時間が足りない

Pocket
LINEで送る

模擬試験で時間が足りない、という話は良く耳にします。

ただ、それはあまり気にしてはいけないところがある。模擬試験は基本1種類の試験ですべての学校の合否判定を出す仕組みですから、子どもたちの成績分布がなるべく正規分布に近づくようになることが理想です。

つまり程度良く難しく、程度良く量が多い必要がある。難しい問題ばかりが並べば当然、成績が悪い方へ集団が傾いてしまいますし、逆に問題数が足りなければやさしくなって、これも集団が傾く。

なので、各校で行われる入試に比べて各段に問題数が多いのです。

だから、それが間に合わない、からといってあまり気にする必要はない。模擬試験ほど忙しい入試はないからです。

ただし、3分の1空欄というのは、やはり問題でしょう。まだまだ力がついていないから、そういうことになる。こういう子はただ急がせても結果は良くなりません。問題を解く力をつけないといけない。

まずは基礎的な問題を確実に得点できるようにすることです。何も難しい問題ばかりが出ているわけではないので、そこをまずしっかり取れるようにすると、成績は一気に上がっていきます。

破壊的な偏差値をとる子がたまにいますが、そういう子はまた一気に偏差値を上げることができるところもあるので、これもあまり失望しないことです。



2020 合格手帳9-11月号を差し上げます。

無料です。
2020 合格手帳9-11月号申し込み【5年生用】
2020 合格手帳9-11月号申し込み【6年生用】


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
転居を前提とする学校選び


6年生の教室から
なぜ答えがそうなるかを考える


算数オンライン塾
9月12日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内





「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)

【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2021年受験に向けて パーマリンク