第405回 不安を煽られがち

Pocket
LINEで送る


■ 受験産業は「不安産業」と良く言われます。

■ 親を不安に陥れて、授業料を稼ぐ、というような意味合いでしょうが、実際にいろいろ不安にさせられている。

■ 塾を早く始めないといけない、ところもそうですし、通塾日数を増やされるのも同じでしょう。そんなことをしてたら、落ちますよ、と言われているようなもので、つい、いろいろ手を打ってしまう。

■ しかし、それで勉強をやらされている子が増えているのも事実なのです。本来自分でやれば、もっと短時間にできるのに、ダラダラと時間ばかりかかるが、成果が上がらない。

■ 最後のこの時期は、かなりの時間を受験勉強に割くのは仕方がないとしても、それでも自分で自分の勉強をすることが大事。不安には蓋をして、子どもたちが自らの勉強する力を伸ばすように仕向けていきましょう。


2019-2020 合格手帳12ー1月号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み

2019ー2020合格手帳4.5年生12-1月号申し込み


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

受験校にメリハリをつける


5年生の教室から
3年間の受験勉強は長すぎる


算数オンライン塾
11月29日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク