案外読めていない

Pocket
LINEで送る

国語の読解演習をしていて、どうも読み取りがおかしい、と感じる時があります。

例えば物語文で人間関係がおかしい。

「え、文平はお父さんじゃないの?」
「友だちでしょ?」
「うそ」
みたいなことが起こるのです。どこで、何をどう間違えてのか、いったん思い混むと頭が切り替わらない。

「どうりでおかしいと思った」
といっているが、勝手にどんどん話がすり替わっていって、本人独自の物語になったりするものです。

どうもおかしいな、と思ったら、内容をしっかり確認してあげた方が良いでしょう。結構それで時間を無駄にしていたりしますから。


2019-2020 合格手帳12ー1月号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み

2019ー2020合格手帳4.5年生12-1月号申し込み



Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
4・5年生用合格手帳


6年生の教室から
どこで止めるか


慶應進学館から
一番出題される時代は?


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク