家でもやれる?

最近の授業はプリント演習ばかり、という塾が多いのではないでしょうか。

問題の解説はしてくれるが、たまにポイントを整理する授業でもやってくれないかなあ、とプリントに飽きた子どもたちが言うかもしれません。

プリントをやっている間は先生は閑なので、楽かもしれないが、しかし、やはりこのプリント演習は大事なのです。

結局、入試はプリントである入試問題にどれだけ答えられるかで決まるわけですから、もはや練習あるのみ。

ただ、覚えていなかったり、よくわからなかったことだけはもう一度テキストや参考書を使って復習する必要はあるでしょう。

でも、それなら過去問やるのと変わらない?

ある意味、その通りでしょう。だから、家でやる勉強を中心にすることができるのです。

もうこの先はあまり遅い時間まで塾に行っていなくても良い。

早く寝て、朝早く起きて過去問を勉強する、わからなければしっかり解説を読んで考える。あるいは計算や漢字、知識の練習をする。

家でやれることは十分あります。そして、むしろそれが中心でも何の問題もないのです。

むしろしっかり演習量を確保すべきなのです。出来る限り練習を積み重ねて、入試でやりそうな失敗は全部、一度経験して対策を組んでいきましょう。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ

2019年度6年生後期授業案内


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

決めたことができない子


5年生の教室から
学習履歴をデータ化する意味


算数オンライン塾
10月14日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク