復習できる?

Pocket
LINEで送る

2学期になると、6年生は授業時間が増える塾がほとんどでしょう。

今までも結構週5日とかになっている塾だと、もう毎日行っている感じになってくる。

そうなると、あれをやりたい、と思う時間もなくなってきます。

また、過去問をやる時間もなくなってくる。塾で過去問をやる、と言っても自分が受けない学校の問題ばかり、ということにもなりかねない。

その点を質問すると「同じ問題は出ませんから」ということになったりするわけですが、同じ先生が作るのだからやはり傾向はしっかり似る。

他の学校の過去問をやるぐらいなら、自分が受ける学校をやっていった方が良いでしょう。

また授業を増やしたときに、本当に復習できるのか、も考えておかないといけない。塾で繰り返せば大丈夫、ということにはならない。子どもたちの課題はそれぞれ違うので、やはり自分の机で自分の課題をしっかり解決する時間を用意した方が良いのです。

その点をしっかり考えた上で日程を組んでください。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

【無料】2019秋の合格手帳を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
下の子


6年生の教室から
秋に同級生の少ない塾を選ぶ


慶應進学館から
出願準備を早めに始める


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク