終わるために勉強してはいけない

勉強はあくまで、できるようになるためにする、というものなのですが、どうも子どもたちの様子を見ていて、そうではないこともある。

とにかく早く終わりたい、という感じ。

まあ、テレビで見たい番組がある場合もあるだろうし、早く終わってゲームがやりたい、ということもあるのだろうが、しかし、受験勉強はあくまで目的があってやっていることなので、そこを意識してもらわないといけないところはあります。

また、たくさんやることがあれば、当然、早く終わらせたいから、ひとつひとつがいい加減になってしまうところもある。

で、これもまた全く勉強の効果がない。

ただ終わればいい、ということであれば、本来はやらない方が良い、と思うぐらいです。

まあ、小学生ですから気持ちの波はあるのは当然なのだが、しかし、力をつけるためにやる、ということをしっかり意識させる必要はあるでしょう。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ


6年生学校別算数 ゴールデンウィーク特訓のお知らせ

【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
計画は崩れる


6年生の教室から
1問にかける時間


算数オンライン塾
4月13日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク