親の我慢

子どもが、何かをしている様子を見ていると「まどろっこしい」と思うことがあります。

何かのふたをあけようとしているのだが、うまくいかない。

「ほら、こうやるんだよ」

と親がやるのは簡単です。で、こういう光景はいたるところにあるでしょう。

しかし、教育的に言えば、あまりよろしくはない。

なぜか?

自分でやりきるチャンス」を奪ってしまっているからです。

最近は1つの家庭にいる子どもの数が少ない。その分たくさんの大人の目が子どもを見守っているところがある。

その結果として、大人が「がまん」できずに、つい「やってあげて」しまう。

うまくいかないくても、大変でも、やりとげる、ということは、最後に子どもに大きな力と自信をプレゼントします。

新学年になって、いろいろ勉強で苦労しているところがあるかもしれません。

でも、本人ががんばって乗り切れたら、それは子どもの成長につながるのです。

親にも我慢が必要です。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
春期講習のお知らせ


【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
行動が遅い子


6年生の教室から
知識を覚える練習


算数オンライン塾
3月18日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク