高望みを否定しない

Pocket
LINEで送る

子どもたちは、楽しい経験をしたり、自分がやりたい部活を見たりすると、その学校に行きたくなってきます。

その学校の偏差値が高かろうと、問題が難しかろうと、「行きたい」と思い始めるとどんどんその気持ちが強くなってくる。

その思いは大事にしてあげるとよいと思うのです。

「そんなの、無理よ」

と言ってしまうと、子どもたちはどんどん下を向いてしまうところもあるので、まずはいったん受け止める。

その中でどういう実際にどんな問題が出ているのか、どのくらい成績を上げていかないといけないか、を一緒に考えてあげると良いでしょう。

そのときも決して否定してはいけない。

なかなか難しいそうでも、期限を切って狙いを定めてもいいだろうし、まずこのレベルの問題ができるようになるまで練習してみよう、というような目標を置いてみると良いのです。

そういう細切れの目標を達成していけば、実績ができてくるし、自信も培えるようになっていきます。

口ばっかりでやることをやらなければ、それは無理でしょう。

ただし、ちゃんとやることをやっている限り、目標を否定しないようにしてください。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
春期講習のお知らせ


【無料】春の合格手帳、差し上げます。


2020オンライン慶應入試説明会のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
本当はもっとできるのに


5年生の教室から
わからないところを解決する仕組みを用意する


算数オンライン塾
2月26日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク