志望校の選び方(4)

新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内

さて、本人も家族も気に入った学校ができたとして、もうひとつ確認しておくことがあります。

それは入試問題です。

成績よりも入試問題との相性を考えなければいけません。

意外かもしれませんが、この相性が案外重要なのです。まだ入試問題をやったことがない場合は、ぜひやってみましょう。

できる、できないは問題ではありません。

解きやすいか、どうかなのです。

子どもが解きにくい、と感じてしまうということは相性があまり良くない。ということは、それを乗り越えなければいけないので、多少苦労が伴います。

逆に解きやすいとか、この問題おもしろい、という感想になれば、合格しやすいということになります。

単に相性だけで学校を決めるわけにはいきません。

ただ、その学校の問題と相性が良い、ということはスクールカラーとの相性も良いということなのです。

逆にそうでなければ、受験準備に苦労する場合がありますから、ぜひ確認しておきましょう。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2020オンライン慶應入試説明会のお知らせ


春期講習のお知らせ


【無料】春の合格手帳、差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
わからない、というのは恥ずかしいことではない


6年生の教室から
「なぜ受験するか」を解決する


慶應進学館から
僅差の勝負を制すステップ





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク