気持ちを強く持つ

うまくいかない、という結果が続くと、どうしても心が折れがちです。

それで次の試験に向かっても、やはりうまくいかない。だから切り替えた方が良い、とは言うけれど、そんなにたやすい問題ではないのです。

なので、こう思ったらどうでしょうか。

一連の入試対策で、勉強する手法は手に入れた。確かにいろいろうまくいかないところはあったが、しかし、何をやれば良いかは明確になった。

次は失敗しなくて済むだろうから、今回の成果はすでに得た。

後は、できる限りのことをしてみて、さらに次のステップに役立てよう。

もちろん結果が出るに越したことはないが、結果を出そうとするあまり、失敗しているところもあるかもしれない。

繰り返しになりますが、「できることしかできない」のです。

できることだけやってそれで合格できなければ仕方がない。次の機会を待ってその力を養えばいいのです。

そう決まればそうやればいいだけ、のこと。

だから「できることをやってこよう」とシンプルに考える。そうやって気持ちを強くして、残りの日程をがんばりましょう。

最後までやりきることも、大事なことです。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
予定通りの受験を完了する


5年生の教室から
ノートをとる


中学受験 算数オンライン塾
2月4日の問題





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村




カテゴリー: 2017年受験に向けて パーマリンク