不安は結果が出るまでなくならない

この時期いろいろ心配事があるでしょう。

ここまで頑張ったのに、これでだめだったら、ウチの子はどうなっちゃうんだろう・・・、とか。

逆にお母さんがダメだったことを考えて、深く落ち込んでしまったり・・・。

しかし、よく考えてみてください。

結果が出るまで、不安はなくならないのです。ですから、腹の括り方を変えないといけない。

結果が出てから、最善の手を打とう、と決めれば良いのです。

子どもたちはいずれにしてもこの4月には中学生になります。どこかの学校で勉強することになる。だから、それをその子の人生にとってベストにすれば良いだけです。

その手を尽くす。どういう結果になろうと、我が子を思う気持ちに変わりはないのだから、行く学校でまた大いに成長してもらうように応援すれば良いと決めるのです。

これははっきり決めてください。

決めれば親の腹はくくれます。そうすると、親の表情に自信が出てくる。それが子どもたちを安心させます。

この時期、子どもたちは結構親の顔を見て心配しているものなのです。だから、親が腹を括ることで、子どもたちを安心させてください。


フリーダム進学教室のWEB学習システムは無料体験実施中です。
無料体験登録はこちらから


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
勝負事


5年生の教室から
組み分けテストが安定する秘訣


慶應進学館から
慶應義塾大学志望者減の影響





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク