ミスをしない試験の受け方を見つける

テストや過去問を直していると、ああ、これはできたな、と思う問題がたくさんあるでしょう。

なぜ、こんな問題を間違えたんだ、と思うものも多い。

でも、そういうものなのです。で、失敗は今のうち、たくさんやっておいた方が良い。失敗の経験が多ければ、それだけ気をつけようと思うようになるし、失敗しないための方策も考えられてくる。

入試は僅差の勝負です。

摸擬試験のように上位から下位まで全部そろっているわけではない。合格ライン付近の受験生がそろっているわけですから、ちょっとしたミスが失敗の原因になる。

だから、いまのうちに失敗して、失敗しない解き方というのを身につけていかなければならないのです。

摸擬試験はその大事な経験の場でもあります。例えばミスをしないために、式をどこに書くか、問題をどうやって確認するか、筆算の見直しはどうすればいいか、自分なりの試験の受け方を体得していかなければなりません。

今回はこういう工夫をしてみよう、というのをぜひ試験で実践してみてください。その結果を踏まえて、次回どうするのかも、親子で考えてみたら良いのです。

最後、正解率が物を言うことになるので、今のうちにいろいろ試していきましょう。

New【無料】秋の合格手帳、差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
ネットで勉強する


5年生の教室から
ペースの自由


中学受験 算数オンライン塾
10月9日の問題


自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク