安全校といえども中身をチェックする

New【無料】秋の合格手帳、差し上げます。

模擬試験の結果が出てくると、併願校についての考え方が変わってくる場合があるでしょう。

やはりこのままでは全部落ちてしまう可能性があるので、安全校を受験しようとか。

その安全校にしても、やはり行く可能性があるのだから、ただ合格すれば良い、というものではない。やはりそれなりに中身をしっかり吟味しておく必要があります。

合格偏差値があまり高くない学校は、入学後子どもたちの成績を上げていかなければいけない、と考えます。したがって管理型になる学校が多いのです。

もちろんそれは一理あるわけですが、やはり管理の仕方にもいろいろある。あまり厳しすぎて学校に行きたくなくなったりするのは、やはり問題があるわけです。

したがって、この先子どもたちの成長のプラスになるであろう学校をしっかり考えていかなければなりません。

偏差値表で決めてしまうのは危険です。受ける以上、そして入学する可能性のある学校は中身をしっかりチェックしてください。


Newオンライン中学入試説明会「これからの中学受験」のお知らせ


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第7回 浦和明の星


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
算数ができるようになる2つのステップ


6年生の教室から
ミスの対策を具体的に考える


中学受験 算数オンライン塾
9月9日の問題


 

自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク