過去問を恐れない

お盆休みで、これから過去問をがんばる子どもたちは少なくないでしょう。

ところが、早くから過去問をやらせない塾があります。

「この時期にやっても、できないから、ただ自信をなくすだけ」

ということのようですが、しかし、むしろ手が遅くなるだけの話。できないものをできるようにするのが大事で、つまり過去問をテストと決めつけてしまってはいけないのです。

それぞれの学校には出題傾向があり、その出題傾向を理解しながら対策を進めていくことが一番の近道です。

昨日指導をした子は理科の過去問をやっていましたが、やり方をみているといろいろ問題が出てきた。例えばちゃんと問題を確認してから解いていないから、解答の形式が違ったりしている。また、ここは忘れてしまっている、というところが出てきたので、それを学校別バインダーから問題を抽出してやってもらいました。

大事なのは手を打つことです。

塾はどちらかといえば、全員に同じことをさせたいから、そういう個別の勉強は後に回す傾向があります。だからそれは家庭でやらないと間に合わなくなる。

お盆休み、どんどん志望校の過去問に取り組んで、志望校対策を進めてください。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第6回 田園調布学園


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
進まないことを心配しない


6年生の教室から
中間審査


中学受験 算数オンライン塾
8月12日の問題


 

自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク