受けない学校の過去問をやる意味があるか

夏休みの宿題として、いろいろな学校の入試問題を宿題に出す塾があります。

自分が受験する学校の過去問よりもそちらの方が優先させる場合もあるようですが、これでは子どもたちの負担が減らない。

確かに勉強はした方が良いのだけれど、子どもたちの体力はそれなりに有限であるから、まずは自分の受験する学校を優先した方が良いのです。

それをさしおいて、パターンに分けられたとはいえ、自分の受けない学校の問題を解く意味があるか。土台選ばれた学校が、受験する学校のレベルと合っていない、ということはいくらでもあることで、その分、大変になることは間違いありません。

すべての学校に対応するための力をつける、というのは余裕があればやればいいが、全員がやるような話ではない。

受験できる学校は絞られているので、まずそこを優先した方が良いでしょう。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第6回 田園調布学園


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
体調を崩す子


6年生の教室から
夏休みは親がイライラしがちだから


中学受験 算数オンライン塾
7月23日の問題


 

自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク