褒められないときは

=============================================================
慶應3校別入試対策説明会のお知らせ
=============================================================

子どもの勉強を見ているとき、ほめることを意識していると良いでしょう。

親が子どもをみているとき、つい親の方が子どもに甘えて乱暴なことばや子どもを傷つけることばを発しているものです。

お母さんとしては「そういわれたらくやしいと思うだろう」と考えているのでしょうが、存外、子どもたちは「ぼくってかわいそうだなあ」と思っていることが多いのです。

したがって、まずは本人を認めることが必要です。しかし、なかなか褒めることができないという方もおられるでしょう。その場合は、まず本人の話をしっかり聞くことが大事です。しっかり自分の話を聞いてもらえると、それは自分が認められたと思えるひとつの大事なステップになります。

しかし、忙しいお母さんはつい、子どもの話を聞かない。ちょっと子どもが話をしたら、もうその2倍ぐらい話していたりするのです。

お母さんは毎日、子どもたちの生活を見ていますから、注意すること、小言が多くなっているはずです。
「スリッパをけとばさないの、ドアは閉めて、ランドセルは上に持っていって!」
というような言葉が毎日のように繰り返されているでしょう。

だからこそ、話を聞かないといけない。話を聞いてあげるだけでも子どもたちの態度は変わってきます。子どもは何を考えているのか、そして何を感じているのか。そこをしっかり聞いてください。

これからの勉強のやり方を考えるにあたって、大きなヒントがあるはずです。


フリーダム進学教室学校別入試対策説明会のお知らせ


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第5回 サレジオ学院


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
お手伝いをする子


6年生の教室から
できないところはどこか


慶應進学特別から
細かな知識を気にしない


自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク