第311回 ウチの子はいつかやる

■ 入試の結果はいろいろで、うまくいかなかったという場合もあるでしょう。そういう時に親ががっかりしている姿を見ると、当然、子どもは落ち込みます。まあ、そういう失敗もあるさ、と言ってもらえたら、まだましなのだが、まるで我が家がお通夜、みたいな雰囲気になると、本人が元気を出すわけにはいかない。だって、本人に原因があると、当然、本人は思うわけだから。

■ もっと落ち込まないといけないのかな、と思っているうちに、どんどん落ち込む、ということが起こりうるわけです。

■ でも、何事もすべてうまくいくとは限らない。だから落ち込んだところから、上手に立ち直る方法を導いてあげることは必要です。

■ 私は良くお母さんたちに「ウチの子は、いつかやるよ、と常に思っておられると良いでしょう。」というお話をします。

■ 我が子のことはやはり親が最後まで応援する、ということが一番大事。多少の失敗があっても、いつか、やる子どもたちがほとんどなのです。だからそれを信じていればいい。

■ ここは子どもたちのために切り替えてください。元気を出して、次のステージに進みましょう。

■「ウチの子はいつかやる」んですから。


スタディルーム、WEB学習システム、無料体験実施中です。

スタディールーム、GHキャンセル待ち受付


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
読む速さを鍛える


5年生の教室から
5年生から上位校を狙う


慶應進学特別から
附属校人気







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: なおなお母親講座 パーマリンク