力を出し切った満足感

受験を終えて学校から出てくる子どもたちを見ると、みんな、やはりそれなりに疲れている様子は見せているものの、しかし、力を出し切った満足感を感じている子どもたちも少なくないようです。

お母さんたちの話を聞いても、良くそういう話を聞きます。

「本当に力を出し切ってやってきた感じがしたので、結果はどうあれ、よかったな、と思います。」

その通りでしょう。

確かに難しい学校を受けていくと、勝負も厳しいし、なかなか大変ですが、しかし、「やりきった」「もうこれ以上は力を出せない」と思えるほどがんばれたのであれば、それはそれで子どもたちの成長に大きくプラスになったと言えるのです。

これがいわゆるベストゲームでしょう。

あと少し入試が残っている諸君がいると思いますが、最後に自分のベストゲームをやってきてください。


スタディルーム、WEB学習システム、無料体験実施中です。

スタディールーム、GHキャンセル待ち受付


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
この選択で良かったのです


5年生の教室から
WEB学習システムで、どんどん進む


慶應進学特別から
2月3日







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク