第302回 湿度に気をつける

■ どうも、部屋にいてのどが痛くなってきたかな、と感じられるときがあるかもしれません。こういうのをほっておかない方が良い。と言って医者に行く、という話ではなく、室内の湿度の話なのです。

■  暖房をきかせると室内の湿度は明らかに下がります。

■ 湿度が下がると、風やインフルエンザのウィルスにとっては好環境となり、動きが活発になる。したがって風邪の予防には室内の湿度を十分に保つ必要があります。

■ 概ね目安として湿度50%を保つようにしておくと、からからな空気を感じることもなく、またのどの痛みも気にならなくなってきます。

■ 加湿器は準備をしておいた方が良いでしょう。


2018フリーダム進学教室入会案内


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
ていねいな字を書く


6年生の教室から
倍率を気にしない


中学受験 算数オンライン塾
12月7日の問題





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: なおなお母親講座 パーマリンク