午後入試はやはりしんどい

模擬試験がいろいろあって、日程が塾によって重なる場合もあるでしょう。

で、そういうときに午前と午後に分けて模擬試験を受けるという方法があります。これはなかなか良い方法だと思うのです。つまり午後入試の練習になる。

最近は午後入試の学校も増えて、早めに安全校の合格をとれるようになった。ただ、やはりこれはなかなかしんどい。

午前中の試験をかなりがんばった後、また試験を受けるというのは疲れる。疲れるからミスをしやすい。さらに次の日に疲れが残るから、例えば連続して午後入試まで受けるという日程はなかなか大変です。

どのくらい大変か、午前、午後と連続して模擬試験を受けてみると良いでしょう。

そのときの子どもたちの疲れ方を見て、午後入試の使い方を考えてください。次の日に影響が出そうなら、やはり考え直した方が良いかもしれません。


冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
最後に伸ばす子


6年生の教室から
やることをシンプルに


中学受験 算数オンライン塾
11月13日の問題




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク