第293回 正解率に狙いを絞る

■ 受験準備が進んでいく中で、着手率と正解率のバランスが気になってきます。

■ 例えば模擬試験で全体の問題数の中で答えを書けた問題数の割合が着手率で、答えが書けた問題の中で正解になった問題数の割合が正解率だとすると、得点は着手率×正解率ということになるわけですが、子どもたちはまず間違いなく着手率を上げようとします。最後、わからない問題は適当に答えを書いてしまう、ということもあるでしょう。わからない問題は全部ウにした、などという話はよく聞きます。

■ しかし、着手率を上げようとすると、まずいい加減になる。ミスが増えるのです。結果として正解率が下がってしまう傾向になりやすい。

■ だから、絶対に正解率を上げる工夫をすべきです。ある子が過去問を解いていたのですが、ある日、非常にていねいに解いていた。
「いいねえ、これなら合格するよ」
というと
「でもねえ、間に合わないんだよね」
と言っていました。つまりていねいにやることはわかっているが、そんなことをやっていたら間に合わないと思っているところがすでに問題なのです。

■ 間に合わなくとも、自分ができる問題を確実に正解にする、それだけで十分合格する可能性が上がるのです。間に合わないことをおそれるより、ミスをすることに配慮した方が良いでしょう。


冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
「あゆみ」のコピーを忘れずに


6年生の教室から
併願校の考え方(1)


今日の慶應義塾進学情報
400点満点


お知らせ
慶應進学特別では以下の日程で慶應各校の入試対策説明会を行います。
学校別になっておりますので、期日をお間違えにならないようにご注意ください。
10月14日(土)
慶應湘南藤沢中等部入試対策説明会
10月29日(日)(→10月28日は定員に達しましたので、締め切らせていただきました。)
慶應普通部・中等部入試対策説明会




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク