第283回 力の差

■ 試験をやれば、当然、点数の差が出てくるので上から順にならべれば1番がいて、ビリがいることになるわけです。模擬試験で5000人受験すれば、1位~5000位まで順番がつく。で、確かに5000番からすると1位の子は相当に違いがあると思うでしょう。

■ しかし、それが2500位ぐらいになると、どうか。あるいは1000位ぐらいになるとどうか、ということになると、この差はどんどん縮まってくる。さらに言えば、入試が近づくほど、全体の力は上がってくるからこの差はさらに縮まる可能性があります。

■ ところが模擬試験でかなり低い順位をとってしまうと、もうそんな逆転など不可能だ、という気になってくる。しかし、まだまだあきらめるべきではない。これから差はどんどん縮まってくるのです。

■ 縮まっても5000人いれば1位から5000位まで並びます。でも力の差はどんどん縮まってくるので、試験ごとに順番が入れ替わる。だから順位や偏差値をあまり気にせず、ただ成績を上げていくことだけに集中してほしいと思います。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
不得意なものを克服する


6年生の教室から
算数に力を入れる


中学受験 算数オンライン塾
8月3日の問題





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク