自分が変わるしかない

自分で勉強する子でないと、なかなか合格はしない。たまに塾にずっと行ってそこで監視されながら勉強を続け合格した子もいるかもしれませんが、しかし、そういう子も結局のところ、塾で自分で勉強するようになっているだろうと思うのです。

それができるようになるには自分が変わるしかない。自分で勉強しない子から、自分で勉強する子に変わればいいわけですが、しかしながら、それができるのは本人だけです。塾の先生が何を言おうが、お父さん、お母さんが何を言おうが本人が変わらないことにはどうにもならない。

逆に自分で変わらなきゃいけないと思い、多少なりとも行動が伴ってくると簡単に変わってくる。

だから「自分しかできない」ということをどうやって気づかせれば良いかということが一番の問題かもしれません。

先生が何を言おうが、親が何を言おうが、自分が勉強する、ということは本人にしかできないわけで、それを決断し、行動するのも本人しかできない。

そのためには常に励ましていかないといけないところはあるでしょう。

叱ったり注意するよりも、どうやって自分でやれるようになるか、励ましながら導くことが必要でないかと思います。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
国語の学校別対策


5年生の教室から
知らない言葉はどんどん教えて良い



今日の慶應義塾進学情報
インターネットに関する問題





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク